防災グッズで地震対策!防災セット・防災グッズの販売

防災グッズ専門店 防災プロの地震対策SHOP

防災防犯ダイレクト公式サイト

防災グッズ

0120-952-285(平日9:00~17:00)

防災セット お問い合わせ 防災グッズ 通販 カート
  10000円以上送料無料 送料全国750円  amazonアカウントで注文可能

災害時どんな支援が受けられるの?!

自力で避難するのが難しい場合…
『避難行動要支援者名簿』に登録することで、 災害時に支援を受けられやすくなります。

災害はいつ起こるかわかりません。
普段からできる備えをしておきましょう。

避難行動要支援者名簿とは?

災害が起きたときに自力で避難することが難しく、支援を必要とする人(避難行動要支援者)を、あらかじめ登録しておく名簿です。

消防、警察、民生委員など地域で支援することができる機関にこの名簿を提供し、安否確認や避難誘導などの支援につなげるためのものです。

どんな人が対象?

要介護認定を受けている方、身体障害者手帳を持っている方、高齢の方、療育手帳を持っている方などが対象となります。 詳しくは自治体により異なりますので、お住まいの市町村にご確認ください。

どんな支援が受けられるの?

“鯑颪慮討咾け
避難をする際の支援
0柁欒稜
と鯑颪鬚靴晋紊了抉

要配慮者の災害対策

/畔証明書・緊急連絡カードなどを持ち歩く
運転免許証、障害者手帳、母子健康手帳や、緊急連絡先・かかりつけ医などを記入した緊急連絡カードを持ち歩くようにしましょう。

∨漂劵哀奪困鰺儖佞垢
一般的な非常持出品に加え、いつも飲んでいる薬、お薬手帳、車椅子、補聴器、老眼鏡など個別に必要なものを備えておきましょう。
※補助犬などがいる場合は、補助犬のための防災用品も  用意しておきましょう。

H鯑饐貊蝓θ鯑餬佻・連絡方法を確認する
日ごろから家族で避難場所や避難経路について話し合い、共通の連絡先などを決めておきましょう。

要配慮者のための避難所

配慮を必要とする人は『福祉避難所』を利用することができます。
手すりやスロープなどバリアフリー化が図られ、要支援者が安全に避難できる施設が福祉避難所となることが多いです。 福祉避難所は二次避難所のため、一般の避難所に一旦避難した後、必要と判断された場合に開設されます。

誰が利用できるの?

高齢者、障害者、乳幼児、妊産婦、傷病者、内部障害者、難病患者などが利用できます。

明日は我が身。
日ごろから防災対策を見直しましょう!

防災グッズトップへ